2018 東武 タミヤモデラーズギャラリーにて ( 模型・プラモデル )

◆最近は涼しくていいですね。それとは関係なく熱い東武に行ってまいりました。

▲今年は最新のYZF-R1M20年前のYZF-R1の展示がお出迎え。古い私にはどっちも最新式にしか見えませんが(汗)

ブロ友さんたちの作品から、

▲キンちゃんさんのミステルの情景、細かいところまで手が入った力作です。

フィギュアの配置なども自然で無理がない、秘密基地を思わせる情景に見入ってしまいますよ。

▲ラスカルさんのモデナ&おねいさん

ドアを開けて今にも出てきそうなおねーさんがあまりに自然で、このキットを知らない人は最初からドアは開くものだとしか思えないでしょうね。

美しい仕上がりですが、ショウウインドウが邪魔でコンデジでの撮影はこれが限界です。

▲モノトーンさんのピバーの情景。ラジカセが有ったんですね。私の耳には監獄ロックが聞こえてきましたよ。小物の配置を楽しんでいた感じがわかりますね。

後のは水上スキーですよね。

▲特別出演、2次元ですが、vkさんのメコンの運送屋です。

▲私の鬼さんはコチラです。

気になった作品など・・・

▲作者は16歳!若さを感じない重量感!

▲キンちゃんさんの作品のお隣さん。手が結構リアルでドキッとしました。

モノトーンさんのブログでキンちゃんさんの作品の後ろになんで塗料が置いてあったのかがやっとわかりました。

▲縦長の情景見どころいっぱいです。

▲こちらも縦長、クレーンで吊られているのが見えてくるようです。

タミヤのキットのパケ画のようですね。

▲これは、アーマーモデリング賞?ですかね?立札がよくわからなくなってましたので・・・1/25のキットですね。古いきっとなので、結構手も入れてるんでしょうね。

▲建物がいい感じでした。花嫁さんのドレスも素敵。

▲12サイズのフィギュアの出来が秀逸です。右に見えるはラスカルさんの作品です。

ココからはプロの方の展示です。

▲嘉瀬氏の作品。なんだかすごいカオス状態。細かいところまで手が入っていて素晴らしい作品です。サンダーモデルのスキャンメルとか使ってるので今年作った作品でしょうね。

▲青木氏の作品。

ろうがんずこーなー

▲これいいですね!昔のⅢ号戦車の組説の情景です、こんなの作ってみたいと子供の頃憧れたものです、

▲石坂会長、戦車を作る。

▲これも面白いです。絵じゃないですよ。

今回は数えはしませんでしたが、出品数が少なかったんじゃないかな?

ショーケースが1列くらい去年より少なかった感じでした。

締め切り設定の問題でしょうか?

でも模型だらけの空間にいると楽しいですね。ずっといたくなっちゃいます。

恒例の戦利品はこちら。

▲48のJSⅡ

▲48のKVⅡ

▲35のパンターG

それから

▲これも買ってみました〜これでも金爆になれますね(意味わかったかな?)